指定席なのに、自分の場所に誰か座ってる時ってあるよな。あれ、けっこう困るんだよ。あまりにも堂々と座っていられると、声をかけづらいというか。まあ空いてるし、自分はあっちに座るか……なんてね。実はついさっき、私(あひるねこ)はこれと似た光景を目撃したのだ。それもミニストップの弁当の中で。

本日2017年4月11日、ミニストップ新商品『お肉ドーン!っと弁当』の販売を開始した。のだが、この弁当、完全に様子がおかしい。特にご飯、こいつがヤバいのである。まず量が少なめっていうレベルじゃない。そして、入っている場所も謎すぎる。たぶんそこ、漬物の席だぞ!

・肉だらけなのにダイエット

5種類の肉系おかずを詰め合せた、肉の肉による肉のための弁当『お肉ドーン!っと弁当(税込598円)』。名前だけ聞くと、超ボリューミーなガッツリ弁当のような気がする。しかしミニストップによると、これはなんと新しいダイエットニーズに対応した商品なのだという。ダイエットって何だっけ?

・謎の新商品

今回、ミニストップは大胆な手段に打って出た。肉三昧にする代わりに、ご飯を限界まで減らしたのである。なるほど、コンセプトは理解出来る。たしかに肉は食べたいけど、ご飯の量は減らしたいという人は多いかもしれない。その結果、最強に意味がわからない弁当が完成した。

・違和感の正体

パッと見では、肉系おかずが目立つものの、ごく普通のコンビニ弁当だ。だが、何かがおかしい。この違和感は何なのだろう? もう1回よく見てみよう。なんか、容器の端っこの方が変な気がする。よく漬物やポテサラが入っている部分。あそこから妙な気配が……。う~ん?

え?

うわ、ご飯おるーーーーーー!? いやいや、おまえ、なに当然みたいな顔して座ってるんだよ! そーこーはー、漬物の席! それかポテサラ! おまえの席じゃないの! ……え? ていうか、ご飯少なっ!!

・戦力差がハンパない

従来比で約60%カットしたという麦飯は、ちょこんと容器の端っこに佇んでいた。こんな弁当、見たことないぞ。チキンカツ・デミハンバーグ・メンチカツ・豚肉の生姜焼き・ウインナーという、オラつきまくったガッツリおかずを相手に、これだけの戦力で勝負しろというのか。

しかも、どのおかずもパンチが効いた濃い味付けで、どこまでもご飯のお友。5人の超肉食系男子、というか肉が、1人のご飯を取り合うかのように攻めてくる。乙女ゲーかよ。気持ち程度に野菜炒めが入っているが、マジで気持ち程度なので注意してくれ。

・かわいそうな漬物

その中で、非常に気の毒なのが漬物の存在である。本来なら、麦飯が陣取っている席が自分の場所だろうに。居場所をなくし、所在なさげに隅の方で突っ立っている。その姿は、休み時間が終わって教室に帰ってきたら、自分の席にまだ女子が座っていた時の私を彷彿とさせた。

・意外と実用的

しかし、この弁当が失敗かというと、実はそんなことはない。おかずの量が多いので食べ終わった後の満足度は高く、物足りなさもまるで感じない。さすがに女性にはあまりオススメしないものの、割と幅広い年代の男性に受けそうな印象であった。

その衝撃的なルックスに目が行きがちだが、意外と実用的な弁当ではないか。ただ、マジでやりだす輩がいそうなので忠告しておくと、ご飯が足りないからって一緒におにぎりを買ったら無意味だからな。ダイエット弁当だからね、一応。そこんとこよろしく!

参考リンク:ミニストップ「お肉ドーン!っと弁当」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼チキンカツ

▼メンチカツ

▼デミハンバーグ

▼ウインナー

▼豚肉の生姜焼き

▼ここはおまえ(ご飯)の席じゃないだろ