お馴染みの天丼チェーン店「てんや」にて、3月23日より期間限定新作メニュー『ベーコン・チキン天丼』が発売中です。人気の肉天丼シリーズの一つということで、具材は厚切りベーコンと鶏肉に……加えて、クラムチャウダー風の天ぷらも付くようです。どういうお味なのか気になったので試してみたところ……!?

 

『ベーコン・チキン天丼』(半玉無し・並盛り 730円~)

おすすめ度 ★★★☆☆

過去のメニューでは丼にポテトサラダの天ぷらを付けたこともあるてんや。変わり種天ぷらとしては更にぶっ飛んだクラムチャウダー天が付いた本商品は、お店で頼むとトッピングの半熟卵の有無やタレの多め・少なめを調整できて、味噌汁とのセットになります。

お持ち帰りだとこんな感じ。具材は厚切りベーコン、とり天、クラムチャウダー風天ぷら、いんげんで、それらにマスタードの効いた特製ソースをたっぷりかけた一杯となります。不思議な和洋折衷の組み合わせで、いかにも重そうだけど……いただきます!

まずはメインの厚切りベーコン天。繊維の向き的にちょっと噛み切りづらいのですが、すんごい肉汁ジューシーでこってりとした甘味強めの味わい! 歯ごたえ強めで旨味も濃く、ソースや衣の風味とも喧嘩しない美味しさです。ただ味が濃すぎて、かなりアメリカンで暴力的な食べ物ですね……。

脇を固めるとり天は、九州の銘柄鶏「華味鳥」を使用したという一品。これが噛んだ途端に口の中で油が飛び、プリッとした気持ち良い歯ごたえが続く抜群の食感! ややバーベキューソースにも似たソースの甘味との相性は正直ピンと来ないのですが、油分も強すぎずホッと安心できる美味しさです。

そして目玉のクラムチャウダー天ですが……ご飯の上にぺたっとくっついた不思議な形状の衣がそれですかね。一口食べると、厚い衣から口中に広がるクラムチャウダー風のクリームソースが、まろやかな甘味と強烈な油分をバシバシに主張してきます。

なんとも不思議な食べ物だけど、あえて言えばカニクリームコロッケの亜種? アサリ、ベーコン、人参、じゃがいも、玉ねぎなどが大粒カットで入っていて、ゴロゴロ食感も楽しい新感覚の美味しさなのですが、いかんせん油が強すぎる……! これは仕事で疲れて体中がカロリーを欲している時に食べるべき、超重量級の男メシだと断言します!

全体的に超濃厚でご飯がもりもり進むけど、ベーコンとクラムチャウダーのもったりとした食べ心地と強烈な油分は正直好みを選ぶところ。とり天のまっとうな美味しさがむしろ浮くほどの個性的な一杯となっております。美味しいことは美味しいので、お腹が空いている時にチャレンジしてみてはいかがでしょう!